コニカミノルタの3次元デジタイザ「VIVID」シリーズはコンパクト設計により、非接触光学測定のメリットを十分にご享受いただけます。それは、美術品や文化財保存などの特にデリケートな環境での機動性として発揮されます。さらに事前の校正の必要があ りませんので、簡単にご使用いただけます。 測定原理としましては、レーザビームによる光切断方式を採用しており、スリット状のレーザ光で入力対象をスキャンします。その反射光をCCDカメラで受光し、三角測距の原理で被写体との距離情報を得て、3次元データ化します。また、RGBフィルタを使用していますので、形状だけでなくカラー画像も同時に入力できます。
 


 


 

 
型名 非接触3次元デジタイザ VIVID9i
測定方式 三角測量 光切断方式
受光レンズ
(交換式)
TELE: 焦点距離 f=25mm
MIDDLE: 焦点距離 f=14mm
WIDE: 焦点距離 f=8mm
測定距離 0.6〜1.0m (スタンダードモード時)、0.5〜2.5m(エクステンドモード時)
レーザースキャン方式 ガルバノミラー方式
レーザークラス クラス2 (IEC60825-1)、クラス1(FDA)
測定範囲(エクステンドモード時) X方向: 93〜463mm(TELE)
165〜823mm(MIDDLE)
299〜1495mm(WIDE)
Y方向: 69〜347mm(TELE)
124〜618mm(MIDDLE)
224〜1121mm(WIDE)
Z方向: 26〜680mm(TELE)
42〜1100mm(MIDDLE)
66〜1750mm(WIDE)
確度 TELE: XYZ:±0.05mm/±0.10mm (距離0.6m/1.0m)
(ユーザー校正システム使用時、当社条件による)
MIDDLE: XYZ:±0.10mm/±0.20mm
WIDE: XYZ:±0.20mm/±0.40mm
精度(Z,σ) 0.008mm/0.024mm(TELEレンズ使用、距離0.6m/1.0m)(当社条件による)
入力時間(1スキャン) 2.5秒
ホストコンピューターへの転送時間 約1.5秒
入力可能環境光 500lx以下
撮像素子 3次元データ: 1/3インチ34万画素フレームトランスファCCD
カラーデータ: 3次元データと共通(回転フィルタによる色分解方式)
出力画素数 3次元データ: 640×480(HIGH QUALITYモード時は640×460)
カラーデータ: 640×480
出力フォーマット 3次元データ: 独自フォーマット(標準付属品のユーティリティソフトで3次元データに変換)
カラーデータ: RGB24ビットラスタスキャンデータ
データ容量 3次元データとカラーデータ合せて、3.6MB/1枚
ファインダ 5.7型LCD(320×240画素)
出力インターフェース SCSI II(DMA対応同期転送)
電源 AC商用電源100-240V(50-60Hz)、定格0.6A(100V AC入力時)
外形寸法 221(幅)×412(高さ)×282(奥行)mm
質量 約15kg(レンズ装着時)
動作保証温湿度範囲 10〜40°C、相対湿度65%以下/結露しないこと
保管温湿度範囲 -10〜50°C、相対湿度85%以下(35°Cのとき)/結露しないこと