レーザー系プロファイラ(スキャナー)計測以外で忘れてならないのが、デジタル画像から取得できる3Dデータです。ALOS(だいち)などの衛星写真をはじめ、以前から使用されていた航測写真技術を応用したものや、市販のデジカメ写真から取得できるものなど、多岐にわたっています。小さな対象物から大きな範囲までこれらの技術を用いれば簡易であり、写真を撮るだけなので計測は短時間で可能となります。
「 計測例:写真測量ソフトを使用したデジカメ写真による絵皿の3D計測」


2箇所より絵皿を撮影

 


標定(異なった写真の位置合わせ)


モデル(TIN)を発生


取得されたテクスチャー付き3Dモデル